ホワイトカレー&新居

1317258074e55c 少し前に、日本で「ホワイトカレー」というのが全国発売になったと、ニュースで見てとっても気になっていました。
私はカレー好きなのです。
そこで、実家にたのんでわざわざ航空便で送ってもらいましたよ。

パッケージにはカレーと書いてあるが、ホワイトシチューにしか見えない…。

作って食べてみると、たしかにスパイシーかつまろやかなカレー。
しかしなんといっても見た目がホワイトシチューなので、
脳も視覚に反応してか「シチューごはん」と認識しているようです。
味覚基準の半分以上は視覚が支配しているそうですからね。
刺激を求める人にはどうだろ?子供は好きそうな味ですね。
上海では売ってませんし。たまには食べてみるのもいいかもーってかんじかな。

さて、引越し先がやっと決まりましたよ。今の家の近所です。
今の家がとても広いので、面積は狭くなりましたが内装は立派!!
「アイアムタイワニーズ」とあえて名乗った大家さんは、貿易をやっているお金持ち。
今回、事務所兼自宅として使っていた部屋を、
オーストラリアに引っ越すために貸し出すことになり、そこに私たちが入ります。
だからなんとなく事務所風の雰囲気もアリ。
でも全室南むきで、とても清潔です。
初めて見たけど、2段ベットがあります。そして初ドラム式洗濯機です。(不安)

大家さんはきれいに使って欲しいからという理由で(数年で戻ってくるらしい。
そしたらまた引越しだ・・・)、もっと家賃を払う!と言っている中国人を断って、
私たち日本人に貸してくれたそうです。
中国人でも、そういうこと気にする人はやっぱり気にするのですね~。

とにかく決まって安心しました。これから荷造りとか頑張らねば…。
まもなく大学が始まります。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

ご近所

私は、マンションに住んでいます。

ワンフロアに4世帯入っていて、①小型犬と中学生くらいの女の子のいる中国人家族 ②幼稚園児のいる中国人家族 ③日本の会社の駐在所として使われている部屋、これら3世帯と同じ屋根の下に暮らしています。

 

2,3日前から隣の家(②)がリフォームを始めたらしく、すっげーうるさいです。

ドリルでギュイ~ンとか、トントン♪カンカン♪かなづち?で叩いたり。
日本みたいに「明日から工事はじめますんで、ご迷惑おかけしますぅ
なんて挨拶はなく、いきなり始まるから驚きます。
昼間はうるさいので、なるべく外に逃げていたいここ数日です。

中国では、マンションなど買う場合、「箱」として買うそうです。
内装などは一切行われておらず、コンクリートの箱状態。
そこから購入者が自分で内装を手がけるため(あ、業者を頼んでですよ)、
同じマンションの部屋でも中はぜんぜんちがう造りになっています。
賃貸物件として使っている部屋は、入居者がかわるとリフォームをかける大家さんも多いみたいで、常にどこかで工事が行われているマンションなんていうのもあるみたいです。
その騒音が原因で、帰国した日本人駐在員妻もいるそうです。きゃっ)

①の部屋の小型犬は、番犬センサーの感度がすばらしく(?)、
エレベーターが着くたび吠え、どこかのドアが開くたび吠え、
すぐに誰かが来たってわかります。セキュリティー万全です。
しかし、たまに自分の機嫌が悪いときは
「バカ犬、うるさい!食べちゃうぞ!」とか毒づいたりしてるので、
飼い主が実は日本語わかってたらやだなとか思ってます。

③の部屋には、ちょくちょく中国人の小姐がやってきます。
99%純粋なお友達ではないと思います。
お手伝いさんならいいのですが、夜やって来る女性ってのはどうなんでしょう?
・・・なんかいやですね。同じ日本人として。

| | コメント (2) | トラックバック (0)