« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

豚年がやってくる!!

正月ムードが高まる上海でございます。
お店でも正月用の「赤」グッズ(壁かざり、ぼんぼり、お年玉袋、赤パンツなど)、贈答用の紹興酒やワイン、お菓子、乾物などなど各種売り出されています。

今年の春節(中国のお正月)は2月18日、ナント

  ⇒ わたしの誕生日でもある!

ダブルでおめでたいのですねー。

中国では猪年(こちらでは豚年)の今年は、
昨年のドッグイヤーに引き続き、
金運や子宝に恵まれるめでたい年だそうで、
出産ラッシュになる見込みだとか。
共働きが主流のため、
産休社員の増加に伴い人材のやりくりが大変だ!
って話も聞きました。

アーンド、中国ではかなり縁起をかつぐようで、
出産の日にちや時間も「縁起」をもとに決める人が多いらしく、
自然分娩でなく帝王切開を選ぶケースもよくあることだそうです。
文化の違いですね~。

ちなみに新聞の情報によると、
中国で出産準備にかかる費用(母親分)は6000元(約9万円)。
これは妊婦服とか検査費用、そのほか妊娠腺予防商品、妊婦用栄養食品、ビタミンなど。
妊婦記念写真とか撮るお母さんもいるそうですよー。
今の妊婦さんのコアは80年代生まれ、
つまり一人っ子政策時代の人たちなので、
ベビーにかけるお金も相当多いのでしょう。(両親+じじばば×2組ですから!)

街でも、気のせいか、妊婦さんを多く見かけるような気が・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

上海肉事情

昨日の我が家の晩ご飯は、ハンバーグと全粒粉パンでした。
去年からパンづくりにはまっていまして、最低でも週1~2回焼いています。

勉強の合間や(現実逃避)、朝食にと。

「また焼いてるの?!」とたまに夫ケンジにあきれられていますが
特に気にはしていません。

さて、パンの話はどうでもいいんですが・・・

ハンバーグですよ、ハンバーグ。

作るのに絶対不可欠なものといえば「ひき肉」!

日本では合い挽き肉を買って作っていましたが、
こちらのスーパーにはそんな気の利いたものはありゃしません。

じゃ、どうしてんのよ!?ってことで、上海での「肉」販売事情についてご紹介したいと思います。
あ、一般人として暮らす場合の「事情」ですよ。
日本人地区とか日本食材専門店ではこの限りではないので悪しからず!!

<ブーブー豚肉>
中国で「肉」といえば「豚肉」を指すことはよく知られていますが、
人気度でもNO.1だと思いますよ。
需要供給が活発なせいか、
市場やスーパーでも鮮度がいいのは豚肉です。
部位もバリエーション豊富だし「豚肉好き」には楽しいでしょう。ただ・・・

・薄切り肉は売っていません。
・市場にはひき肉がないことがしばしば。
・皮付きのものも多く、たまに毛が剃り切れていないものも…
肉自体が汚れています。必ず洗いましょう♪

<コケッコとり肉>
日本にいた時は、一番よく食べていましたね~!
でも、こちらに来てからは、豚肉のほうがはるかにおいしそう(新鮮だし)なので、あまり食べていません。
ニワトリのほかにも、鴨やうずらもよく売られています。

なぜか上海で手に入れられる鶏肉は
①冷凍もの ②生きているもの の2種類

①ですが、もも肉は骨付きしかみかけません。ささ身も見ないですね~。そのほかはだいたいあるような気がします。
あ、ひき肉は見たことがありません。
②は鳥インフルエンザのあと、一時期影をひそめていましたが、
現在は市場に専用スペースが堂々オープン!
悲しげな目をした鳥たちがゲージに入って売られています。
でも日本で食べてるニワトリとは明らかに種類がちがうんですよ。
雷鳥みたいなトリなんです。絶対、雷鳥じゃないけど。
鳥を選んでお金を払うと、その場で絞めて、
羽をむしるなどの処理もしてもらえるようですよ。
まだ試したことはないんですが、もちろんすごい美味しいそうです。

<モーモー牛肉>
スーパーの肉コーナーには必ずありますが、
市場ではあまり記憶にありません(探したことすらないからか)。
サーロインとか、ヒレとか、美味しい部位が驚きの安さです!
逆に「スジ」など日本で安くて美味しいとされる部位が
けっこう高かったりします。内臓系もあまりみかけませんね・・・。
レバーくらいはあったかな?
ま、こちらで食べようとは思いませんが。
ひき肉はスーパーで売られています。

<その他>
よく見かけるのは「羊」です。
右下半身まるごとドン!みたいな状態で置いてあったりします。
中国の羊は日本のに比べて臭みが少ない気がしますよ、
美味しい!
牛肉よりも高価ですが、羊の脂肪分は身体を温める作用があるので、冬場には積極的に食べたいですね~。
ウサギの丸剥きも大手スーパー「カルフール」でみかけました。
めっちゃ見た目怖い。

と、こんなかんじです。
わたしも最近は、ひき肉は市場で挽いてもらって買うようになってます。
「この肉○○グラム挽いて」とたのんでやってもらいます。
その場でソーセージ作ってくれるブースとかもあって、市場は面白いです。ぜひ観光しましょう~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

上海の動物園

今日は「天気が良かったら、動物園に行こう!」とクラスの友達と約束していたが、あいにくの雨。最近ずっと雨続きで、肌寒い日が続いています。

上海には2つ動物園があります。

「上海動物園」と「上海野生動物園」。
前者は上野動物園タイプで、後者は多摩動物園タイプ。
といっても、わかりにくいか・・・。
ただの動物園のほうは、檻に入っている動物たちを眺めるタイプで、野生のほうは、檻+動物ショー、ライオンバスとかもある。

上海動物園」には、以前行ったことがありますが、
金魚とか猿の展示が充実していたり、犬の展示コーナーがあったりと
日本とはずいぶんコンセプトが違い、驚かされました。
日本で飼い犬として飼われる犬たちが展示されていたのには、
ホント驚きました~。文化の違いなんでしょうが。
そして人気者のパンダも茶ばんでいた・・・。
国家第一保護動物って書いてあったけど・・・。

そして、今回行くことになっていたのは「野生」のほう。
市内からちょっと離れていているのですが、

「動きのある動物たち」

を見られるように作られているそうです。

聞くところによると・・・
イルカショーがあるそうです。♪楽しそう。
ライオンバスでは、より近くでライオンが見られるようにと、
バスに餌をくくり付けて走るそうです。
これは日本とおんなじですね。
しかし!!

その餌は、

生きている ニワトリ。

わーーーー。

怖ーいっ!!!(>。<)

ライオンバス乗り場で餌としてニワトリが売られているそうですが、中国人は普通に買ってるらしいですよー。
子供の教育上どうなんだろう?と思ってしまいます。
弱肉強食の世界をありのままに伝える  という考えなのか
残酷すぎる  と考えるべきか。。。

みなさんはどう思います?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バナナブーム到来

期末テストが、今学期が、今日でひとまず終了~!!
ヤッター♪お疲れ。オレ様。

開放感とともに、明日からどう過ごそうかといろいろ考えています。
また3月から学校が始まるので、せっかく上達した中国語を忘れないよう、復習や会話をしなければ!!と、今は思っています。

さて、ぜんぜん話は変わりますが、最近我が家では

    「香蕉片(バナナチップス)

がブームを呼んでおり、かなりのペースで消費しています。

ケンジがスーパーでなにげなく購入してきたのが始まりだったのですが
久々に食べてみると、うまい!!
先週末から今週にかけて、もう3袋めです・・・。
これ、福建省原産のバナナで作ったバナナチップでして、
厚さ、硬さ、甘さ、色のバランスがよく、
やめられない、とまらない状態です。
パッケージは黄色と緑のなんてことはないシロモノですが、
見かけた方は試してみてください。
ひとふくろ230g 5元(75円)前後でローカルスーパーにて
お買い上げいただけます。

明日は晴れたら、クラスのみんなで動物園です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年です

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
皆様今年もよろしくお願いいたします。

今年も年末年始は、盛り上がりに欠ける上海でしたが、
我が家では年越しそばを食べ、BSで紅白を見て
DJozma(初めて見た)や布袋さんで妙にウケ・・・
無事に新年を迎えました。
1日はいちおう御節料理など食べ、お寺にお参りもしときましたよ!

2日は友達がカゼでダウンした為に行かれなくなってしまった
ニューイヤーコンサートのチケットを譲り受け、
スイスのオーケストラの演奏を聞きに行ってきました~。
やっぱり生演奏はいいね!
ほぼ中国人とちらほら西洋人・・・という客層で、
私は「けっこう中国人も行儀良く聞いてるな」と思ったけど
夫ケンジはダメ出ししてた。「家でCD聞いてろ」とのこと。
確かに、
落ち着きのない小さい子供連れはいるわ、演奏中おしゃべりするわ
だめだっつってんのに、飲み物のんでたり・・・と
日本だったら怒られること請け合いな人はたくさんいたけどね~。
面白かったのは、アンコールの演奏のとき、盛り上がって手拍子が始まっちゃって、指揮者に「しぃ~っ」ってされてたこと。
国民性だな・・・。

再来週は期末テストです。
早く終わって!!!!

お休みになったら、もう少しマメにブログ更新もしたいと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »