« 中国の携帯電話 | トップページ | 南翔饅頭店が無い?! »

洛陽旅行

洛陽に遊びに行ってきました。

中国の真ん中あたりに位置し、何度も都が置かれた歴史のある土地です。
大阪に住んでいる中国人の親友の実家がそこにあるので、
お盆の帰省に便乗してお邪魔させていただきました。

洛陽には8年前にもあそびにいったことがあるのですが、
その頃に比べずいぶん近代的になっていて、
昔の面影はどこへ…って気になりましたが、
さりげなく馬車とか走っていたりするのを目撃して嬉しい気分になりました。
近代的になってはいるものの、まだまだ物価は安く、タクシー初乗り6元から。
野菜も1斤(500g)1元以下のものばかりです。
Dscn0072  ←なぜかもやしの種類がすごく多かった

大陸~ってかんじの場所ですから、湿度は低く、朝晩はすごく涼しい。
水道をひねれば、冷た~いそして泥臭くないお水が♪
「暑い暑い」と聞いていたのですが、湿度の高い上海より10倍くらい過ごしやすいです。
8年前の夏は、すごく暑かった印象があるのですが…東京と比べたら暑いけど、上海と比べれば天国ってことでしょうかね。笑
前回は2歳と8歳ほどだった子供たちも、とっても大きくなってて驚きましたよ。

洛陽での私のテーマは「三国志」。
長いことかけて北方謙三の三国志を読んでいまして、
ちょうど関羽が死んだあたりのところで洛陽に旅立ったので、
関羽のお墓である「関林廟」で彼が使っていた青竜偃月刀(再現)を見たり、
「洛陽博物館」で都だったころの洛陽の様子を見てみたいと思っていました。

友達に関林廟に行きたいと行ったら
「8年前にも行ったけど。覚えてない?」と言われた・・・
当時は三国志なんかに微塵も興味がなかったので、
まったく記憶に残っていませんでした。

関羽はすごーい強い武人なんですが、
中国では商売の神様として崇められているのがかなり疑問。
文武に長けていた人ですが、商売とは無縁のはず…。
そして、関林廟にあった関羽の像が北斗七星が描かれた板?本?を
手に持っていたのもなぞです。誰か教えて。

そのほかにも何箇所か行ったのですが、かなりおすすめは「洛陽古墓博物館」。
ちょっと郊外にあるのですが、北魏の宣武帝のお墓がそのまま保存されています。
とにかく、すごいスケール。
小高い丘に緩やかな傾斜を掘り進め、中をお墓としているのですが、
真夏というのに気温は10度くらいでしょうか?
ワインセラーとか連想しましたが…すごく神秘的です。
行く価値のある場所ですよ。

目的を決めずに行く旅も楽しいですが、自分なりのテーマを決めて行くと、
行く前も後も楽しいですね。

※写真が1枚しかアップできないので、後日また入れときま~す♪

|

« 中国の携帯電話 | トップページ | 南翔饅頭店が無い?! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

kikoさんへ
もやしがねぇ。なんでこんなに多いのかわかりませんが、すごかったよ。

投稿: テンプルアイランド | 2006年8月31日 (木) 10時25分

洛陽のもやしが気になる。上海のもやしはどうも臭いような気がするので。。。やっぱり中国は三国志ですよね。目的を持った旅行、これいいですね。

投稿: kiko | 2006年8月30日 (水) 22時25分

すいまンさんへ
へー!へー!へー!そうなんですかぁ…。
厄除けの意味があるのですね。勉強になりました♪
レストランなんかで、ホントよく関羽の像を見かけるんですよ。

投稿: テンプルアイランド | 2006年8月27日 (日) 08時16分

報告!
片手で刀を振り回す強い関羽は厄除けの象徴で商売繁盛のための厄除け、ということから商売の神様とされているという情報をゲットしました。いろんな説がありそうです・・・調査を続けます(^^ゞ

投稿: すいまン | 2006年8月24日 (木) 16時19分

すいまンさんへ
私は呂布とか張飛などのキャラがすきです。
商売の神様の件、わかったら教えてくださいね♪

投稿: テンプルアイランド | 2006年8月24日 (木) 09時45分

関羽、かっこいいですよね。商売の神様かぁ~奥が深そうですね。調べてみねば・・・私は趙雲子龍のファンです。

投稿: すいまン | 2006年8月24日 (木) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62523/3178533

この記事へのトラックバック一覧です: 洛陽旅行:

» 五大道(10)(写真付) [中国語・留学生活ニュース(新聞)〜中国留学情報]
 馬車道117号にある天津外国語学院は1920年に設立され、もとの名前は天津工商学院です。  校内には、天津自然博物館の前身である北疆博物院も建てられています。  フランス学者の桑志華(sangzhihua)Laisongによって建てられた全てフランス式の建物で、1920年代に次々と新しい建物が建てられま  した。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 22時29分

« 中国の携帯電話 | トップページ | 南翔饅頭店が無い?! »