« ギリシャ料理 | トップページ | 中国の携帯電話 »

キリギリス

Dscn0050 スモッグで、「晴れていても曇り」といわれている上海ですが、
最近は青空が広がっているんですよ。今日は台風の影響か曇り気味ですが。
やっと大気汚染が改善されてきたのかもしれません。
とにかく気持ちがいい!でも暑い!

Photo_14 こちらの夏の風物詩といえば「キリギリス」(たぶん)。
ギコギコギコとでっかい声で鳴く、カオの青いバッタです。
こんな風におじさんが、小さなかごに入れたキリギリスを自転車につんで売りにくることもあります。

中国人のキリギリス熱はかなり歴史があるようで、
花鳥市場にいくと、キリギリスの飼育グッズがいろいろと売られています。
キリギリスの家・・・籠のほかに石でできたものや、携帯用の筒型のものなど、
そして餌や水を入れる陶器のちいさ~い器。これもいろんな絵が描いてあったりして、ミニュチュア好きにはたまらないといった感じの品物。

虫は嫌い・・・バッタ関係はことさらですが、声を聞くと夏ってかんじがしますね~。
日本の「鈴虫」のような、静寂の中に響く虫の音とは真逆の
<大音量ギコギコ>ってのが中国らしくて面白いです。

|

« ギリシャ料理 | トップページ | 中国の携帯電話 »

「上海の不思議」カテゴリの記事

コメント

みうみうさんへ
そうですね、アジア人の習慣かもしれないです…。キリギリス(もしくはコオロギ)も戦わせているのかもしれません。
中国人は金魚も大好きです。たぶんお金のイメージが強いのでしょう、動物園にも専用コーナーが設けられていました。

投稿: テンプルアイランド | 2006年8月13日 (日) 14時07分

そーなんですよね。アジアの人達って、昆虫とか淡水魚を愛でる習慣がありますね。でも意外と、コウロギやベタ(淡水魚)なんかだと、お互い闘わせちゃいますから。趣味で。ちなみにベタは、“闘魚”って呼ばれていて、どちらかが死ぬまで闘うみたいです。日本ではホームセンターなんかでも気軽に売られてますけど。
私的(中国語っぽいな)には、夏といえば、カブトムシ・クワガタですね。毎朝早く起きて、山に採りに行ったもんです。
田舎育ちの中年より。。。

投稿: みうみう | 2006年8月11日 (金) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62523/3006246

この記事へのトラックバック一覧です: キリギリス:

« ギリシャ料理 | トップページ | 中国の携帯電話 »