« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

中国茶教室

最近、ネイルに行ったりお稽古ごともけっこうやったりして
なかなか駐在員妻らしくなってきた?やばい?!

中国茶教室に通っていましたが、昨日が最終日でした。

とっても楽しい教室で、中国茶の基礎や
いろんなお茶菓子(これはおまけなんだけど)に出会うことができましたよ~♪
一緒のクラスになったメンバーの方々もよかったんでしょうね、きっと。

中国茶は日本でブームになる前、ちょっとはまって、96年くらいかな?
京都時代はけっこう飲んでいました…って、もう10年前じゃん?!。
当時はまだ、中国茶を飲めるような喫茶店などほとんどなく、
私も偶然訪れた中国茶のお店で飲んだのが運命の出会いでした。

初めて飲んだ、中国の青茶(ウーロン茶とか鉄観音がこの分類)の
魅惑的な味と香りにメロメロになったことをいまでもよく覚えています。
店主が日本で初めて中国一級茶師(だったかな?)に認定された人で、
すごーく中国茶に愛情を持っている人だったため、
中国茶の魅力をあますところなく教えてくれたのも私が中国茶を
好きになった理由の一つかもしれません。

中国茶教室では、中国茶の種類とか淹れ方、歴史などを教わりました。
日本人の先生が丁寧に説明してくれるし、
さすが日本人クオリティーで選ばれたお茶だけあって、どれも美味しい^^。
素人の私なんかにはぴったりです。

知っている方も多いと思いますが、
中国茶は「緑・青・白・黒・紅・花・工芸」に大きく分類されていて、
中国で一番飲まれているのは「緑茶」だそうです。
日本人のイメージにある中国のお茶=ウーロン茶は、
緑茶に比べてぐっと生産量も減ります。

そして驚きなのが、まったく個性のちがうこれらのお茶も
ルーツとなる茶葉はすべて同じ「カメリアシネンシス」という種類の茶葉から
できているそうです!日本の緑茶もですよ。
うそでしょ?って言いたくなるくらい味も形状も違うのに…。

こんな基礎知識のほかにも「紅茶は、イギリスに運ぶ途中の緑茶が過剰発酵してできた偶然の産物」というのは全くの作り話である。とかいった豆知識も教わることができます。

今週末はその関係で、「紫砂」という中国茶器の原料の産地に
小旅行に行ってくる予定です。
オプションである無錫の桃食べ放題もかなり魅力♪
無錫は桃の有名な産地なんですよ。

中国茶教室 → http://www.tea-camellia.com/welcome.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ネイルサロン

昨日、ネイルサロンに行ってきました。

よくよく考えると、ネイルをやったのは初めてか、2回目くらいかも・・・。
日本だとけっこう高いし(といっても正確な値段は知らない)、
一人暮らしだったから家事やったらすぐとれそうだなーと。
&料理関係の仕事をしていたせいもあり、なかなかやる機会もなかったのです。

でもここ1ヶ月は、料理教室が教える方も教わる方も夏休み中なので
「今がチャンスだ!」と行ってきました。

場所は徐家匯の港匯広場の隣にある流行天地(?だったかな)という
若者系ショッピングモールの2F。
友達が安くてなかなかいいよと薦めてくれたお店です。
小さなお店ですが、若いお姉ちゃんが3人いて、せっせとやってくれます。
お客さんがひっきりなしにやって来て、けっこう顔見知りも多いみたい。

爪はふだん短く切りそろえていたので、ネイルに行くため少し伸ばしてたんですが、
そうはいっても、ちんちくりん。
でも、甘皮とってもらって爪の形を整えてもらうと、けっこう長くなりましたよ!
さすがプロ。

雑誌(日本)の「ネイル特集」記事の中から、
ごくごく普通のフレンチを選んで「コレ、コレ。」とお願いしました。

甘皮とり→形整える→磨き→ベースコート→塗り(各色2回)→トップコート→乾燥。

終わって、値段を聞いてびっくりしました。

スパンコールとか入れなかったから安かったのもあると思いますが、
両手でなんと45元!(680円くらい)。

お友達からの紹介ということで1割引にしてくれてこの値段ですが、
通常価格でも50元ですからすごいワー。
ちょっと気泡が入ったりしてるのが気になりますが、とにかく
このくらいの値段だったら定期的に続けられますよね。
デジカメが故障中で写真がアップできないのが残念です・・・。

・・・てか、このお店爆安

でも、ガイドブックに載るようなお店でも200元~300元(3000円~4500円)でできるので、上海に遊びにきたら試してみるのもいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

曹家渡の花市場

わたしのブログペット「子猫のしろ」が、
な、なんと前回の日記にコメントを書いてくれました!

が、

さっぱり意味がわからない・・・。

『子猫のしろは、嬉しい中心とかあるのですが

 静でベアードパパと寿司とかをお話したかった。』

嬉しい中心」ってなんやねん?!

まあ、それはなんとなく詩的な表現として使ってみたのね、と思うことにしても、

次の

 

  静でベアードパパと寿司とかをお話したかった

??????

どうしたかったの? しろちゃん? かわいそうに。

今日は、花市場に行ってきました。

引越ししてきてから、家のインテリアは全くいじっていなかったのですが
(どーせいずれ日本に帰るしね、と思ってた)、
なんとなく最近、少しは手をいれてみようかしら・・・
と思いはじめ、中華風にしてみようかしら・・・と考えています。

まず手始めに観葉植物からってことで、先月買った「モンステラ」に加え、
土曜日に「クワズイモ」をIKEAで買ってきました(12元:約180円)。
小さいクワズイモなのですが、鉢にぎゅーぎゅーづめに3株植えられていたので、
中華風の鉢に植え替えたいと思い、鉢を買いに行って来たのです。

うちからバスで20分くらいの
曹家渡花鳥交易中心」(万航渡后路33号)というところです。
大きなビルの中にたくさんの切花・観葉植物(1F)、造花(2F)、
ラッピンググッズや籐製のかご(3F)が売っているのですが、
かなり綺麗(中国基準で)で、店舗数も多いです。

観葉植物の鮮度のよさと安さに驚きました。

土や肥料、植木鉢、ハーブの種なんかも売っていますよ。

私は、中国風の鉢&受け皿のセットを小2つ、
中1つで30元(約450円)で買いました。
もっと値切れそうですが、気に入ったので満足。
植え替えてみて、さらに満足。ウフフ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上海の「そごう」デパート

夫のケンジは炭水化物が大好きで、たまに餃子やシュウマイなど作ってくれます。

横浜出身の彼は、
「横浜の男はシュウマイがつくれなきゃ一人前とはいえない」
とかわけのわからないことを言ったりしていますが、
作ってくれるのは大変嬉しい^^。
昨年の夏は手打ちうどんデビューし、3回くらい食べたかな。
しばらく食べていなかったのですが、先日料理教室で、
ご主人がうどんの達人!という方のお話を聞いてから
「あー。コシのつよーい冷やしうどんが食べたい・・・」と。

浄水器も入れたし、

冷水でじゃぶじゃぶ洗って、

きゅっとしまったうどんをつるり♪

   ・・・いいねー。

めんつゆだ!!これ買わなきゃ、

・・・と
日本食材がたくさん売っている上海の「そごう」デパートに行ってきました。

上海のそごうは、そごうなのになぜか名前が「久光(ひさみつ)」。江戸時代の男子っぽいです。上海在住の日本人なら知らない人はいないんじゃないかってくらいのデパート。

静安寺という上海の中心にあるのですが、
地下食品街の日本食の充実っぷりがすごい!
まさに日本人のための売り場としか言いようが無い。

納豆、味噌、調味料関係から始まって、
刺身、寿司、コロッケなどの惣菜、お菓子、コーヒー、シャンプーなどの日用雑貨、、、
棚に陳列された商品には日本語があふれています。
かなり特殊なもの以外は、ほとんど手に入ると思っていいと思いますよ。
売り場脇のフードコート的なスペースにはCoCo壱や
ベアードパパのシュークリーム、お好み焼き屋さん、なんかもあります。
驚異的です。
まあ、どれも輸入品になるので高いんですけどね。
納豆はだいたい3個パックで10元(約150円)。
めんつゆも300mlくらいのが40元弱(約600円)しましたよ。
でも、本当に食べたくなったときには、お金さえ出せば手に入るのでありがたいことかも。

わたしも納豆がすごい食べたくなった時、買いに行ってます。
昨日は納豆とめんつゆとドライイーストを買いました。
お友達はホットケーキミックスとじゃこピーナツ買ってました。
日本じゃたいしたもんじゃないんですが、こういうなにげな~いものが、海外にいる日本人に喜ばれるお土産かもしれませんね~。笑

| | コメント (9) | トラックバック (0)

そして浄水器

さっそくですが、昨日、浄水器をとりつけてもらいましたよ。

いや~


昨晩から、とっても快適です。

野菜や肉を洗う、トマトの湯むき、米研ぎ、歯磨き、、、
水道をひねれば、きれいなお水が使い放題♪
ってこんなに便利なことだったんですね~。料理するのがさらに楽しくなりました。

コーヒーも心なしか、ミネラルウォーターで入れたときより味がしっかり出ているような。

しかし・・・ショックだったのが我が家の水道水もなんとなく色つきだったこと。

   くさいが色はついてない!

と勝手に思ってた(思い込んでた?自分に言い聞かせてた?)んですが、
浄水器を通した水を鍋に入れた時、

こんなにクリアだったのか…。

うちのもやっぱり色ついてたんじゃん…。ちっ。


・・・考えてみりゃあたりまえです。

うちにつけたのはレンタル式ので、毎月フィルター交換と点検に来てくれます。
値段はひと月で250元(3700円くらい)なので
買ったほうがもしかして安いのかもしれませんが、
壊れたり、フィルター交換とかめんどうなことはやりたくなかったのと、
なにかあったら文句も言えるので(笑)。いつでも解約できるし。

海水、ジュースウイスキー

そして・・・

人間のちっち(尿)までも、飲料水にできる機械だそうで、
けっこう大掛かりな装置です(シンクの下をすべて占領)。

が、あの臭かった水道水が、ほのかな甘みのある日本のおいしいお水・・・軟水みたいなかんじに変身!すごいわー。
ぜひスーチン(中国人の友達)に飲ませたい。驚くに違いない。

メールでお願いしたところ、
「お試しで1週間無料で、シャワーと洗濯機の浄水器もご利用になりませんか?」って。

あらそぉ~お~?! 

って、もちろんつけてもらいました。
快適シャワータイムとクリーンな洗濯物は、1週間だけ楽しみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上海水事情

今日も35度くらいあんじゃないの?!
お日様サンサン夏まっさかりの上海です!ビールの飲みすぎで体調崩してます!

マンションも今月からプール開きとなりました。

しかし!



上海に来たことのある人ならご存知と思いますが、こちらは水事情が非常に悪い
旅行で来てホテルで歯磨きしたときに、ものっそまずかった経験があると思います。
蛇口から出る水はほこり臭いし飲む気にはなれません。

私は、よその国からやってきてこの国に間借りしているわけなんで、
中国にたいする文句はあまり言いたくないし(嫌なら帰れってかんじですよね)、
なるべく現地の生活様式になじもうと思って暮らしています。
だから(?)、来た当初はすごく気になった水のことや、残留農薬、
食品の衛生管理のことなど、最近はすごく鈍感になってきてました。

前は野菜は3時間以上水を替えながらひたして、よーく洗っていたのに、
今は野菜用の洗剤で洗ってから30分くらい水につけて済ませています。
(この方法でも大丈夫と思いますが)
料理も、野菜や麺をゆでるときは水道水使っちゃってるし(沸騰すればOKと)。

中国人みんな元気だし大丈夫だろ
くらいに考えてしまってたんですねー。
しかも夫婦ともども。トホホ。

でも、最近こちらに引越して来た友達が、
野菜洗い専用洗剤とか浄水器とかいろいろ検討しているのを聞いて、

そうだよなぁ… と。

神経質になりすぎるのはよくないけど、いまだ発展途上にあるこちらでは、
人体の安全に対する認識がまだまだなことが多いのです。
農薬だけでなく、成長ホルモンすいかに注射したり、壁や家具に有害な塗料塗ったりさ。
だから自分で気をつけないといけないんですよ(…と自分に言い聞かせる)。

さて、我が家では中国でよく使われている給水式のタンクを導入していません。
Photo_11 ←みなこんなかんじの給水器を使っています。

4ℓミネラルォーター(5元=60円ちょっと)を買っています。
割高だしめんどうなんですが知人からタンクの水に藻が混入していた話を聞いて(あってもおかしくない)、あといちいち宅配してもらうのもうっとおしいので。でもじゃぶじゃぶ使えないしストックが少なくなると心配になるうえ、ミネラルウォーターと思うとついつい使用量をケチってしまいます。

そのため浄水器を取り付けるのがいいかなと思っていますが、
日本ではOKな蛇口に取り付ける簡単なタイプのものではこちらの水道水は
浄化されません
シーガルフォー級の強力なやつを取り付けないと、飲める状態にはならないのです。
いろいいろ検討したいのですがおすすめの浄水器を知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください。

ちなみに昨日、とりあえず自分でできることから…って
台所やお風呂場すべての蛇口のキャップ部分を洗浄したら、

小石、、、
小枝、、、
葉っぱ、、、
砂、、、


木の繊維?

…ぞっとするほど詰まってた。ありえない。

くわばらくわばら…。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »