« 茶蛋(チャーダン) | トップページ | お茶のデパート「天山茶城」 »

中国の料理教室(鮑汁鮮香菇)

今週の料理教室は「鮑汁鮮香菇(ばおぢーしぇんしゃんぐー)」。

Dscn2653_edited名前だけ見て「えっ!アワビなの♪」と思ったのですが、1回150円の料理講習会でそんなもの出るわきゃない。
アワビ風味のソースを使った椎茸がメインの料理です。

←アワビ風味の調味料「鮑魚汁(ばおゆーぢー)」。

 

調理の工程で「椎茸のかさの部分に飾り切りをする」ってのがあったのですが、なぜかおば様方が大興奮!?日本では煮物や鍋物でよくやる十文字切りなんですが、珍しいんでしょうかね?

 
Dscn2652_edited

これがおば様たちが萌えた椎茸。

 

私にも
「ほら!写真、写真!撮りなさい!」 って椎茸を渡してくれました・・・。特に撮りたくもなかったのですが、撮らざるを得ない空気だったので一枚。

では、作り方です!

【材料と作り方】(いつも同様アバウトな分量です)
生椎茸       6~8個
ブロッコリー    1株

(A)塩と味の素  各少々
   ゴマ油     小さじ 1/2

(B)鮑魚汁     大さじ3(スーパーで購入可能)
  たまり醤油   大さじ 1/2
    味の素     少々
    砂糖       小さじ 1~1/2
   水        50cc

水溶き片栗粉   少々
サラダ油      少々

①椎茸は石づきを切り落とし、かさに十文字もしくは米字に切り込みを入れる。
②ブロッコリーは小房に切り分け、ゆでる。荒熱がとれたら(A)で下味をつけ、円形の皿にぐるっと円を描くよう盛り付ける。
③鍋に湯をわかし、①の椎茸を表面がとろっとした感じになるまでゆでる。ゆであがったら、流水に放ち、軽くぬめりを取る。
④中華なべを熱し、油ならしをしてから(B)の調味料を入れ強火でひと煮たちさせる。③の椎茸を加え、中~弱火にし、蓋をして7~8分煮込む。
⑤蓋をとり、火を強火にし、鍋をあおりながら煮詰めていく(だんだん照りがでてきます)。ほとんど汁気がなくなったら水溶き片栗粉をほんの少し加えて混ぜ、最後にサラダ油をひとたらししてできあがり。②の皿の中央に盛り付けてください。

Dscn2654_editedこの料理は、味はそんなに濃くないんですが、けっこう油っぽい。きのこがメインなので、油を多量に使い、ボリュームを出すのかもしれません。最後のサラダ油はなくし、鮑魚汁の量を少なくしてダシで味を補うなど油を控えめに作ると、日本人好みになるかと思います。

なお、鮑魚汁はオイスターソースで代用してもいいそうです。
また、ブロッコリー→チンゲン菜、生椎茸→干椎茸&その他キノコ、ガチョウの水かき、といった応用も利くと先生は教えてくれました・・・。

|

« 茶蛋(チャーダン) | トップページ | お茶のデパート「天山茶城」 »

「料理教室」カテゴリの記事

コメント

ウルトラ すいまンさんへ
おば様たち、キャッキャ騒いで楽しそうでした。笑
みなさん世話好きみたいで、私にもいろいろしてくれるのですが時として戸惑うことも・・・。
でも、有難く感謝しています。(^^)

投稿: テンプルアイランド | 2006年4月 4日 (火) 08時52分

しいたけをもって大騒ぎするおば様たちの様子
手に取るように描写されてて
すごく面白いです
困惑しながら写真を撮るテンプルアイランドさんも目に浮かびます(顔知らないけどなんとなく)

投稿: ウルトラ すいまン | 2006年4月 3日 (月) 07時11分

miuさんへ
あわびもどきってやつでしょうか?
よく言えば精進料理か?!

さおぴさんへ
オール中国語の講座&クラスメイトのおかげで、いやでも中国語を話すので、ちょっと上達したかなぁ?
中国のおばさまのツボはわからないわー。

投稿: テンプルアイランド | 2006年4月 3日 (月) 01時06分

クッキング楽しそうやね。
お料理は中国語で教えられるのかな?
以外なものに感動するおばちゃん達面白い!

投稿: さおぴ | 2006年4月 2日 (日) 22時39分

ぷぷっ。鮑風しいたけ料理。楽しいね♪
見ようによっては、貝に見える様な?!
本格中華って雰囲気も感じられるよね。

投稿: miu | 2006年4月 2日 (日) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62523/1238479

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の料理教室(鮑汁鮮香菇):

« 茶蛋(チャーダン) | トップページ | お茶のデパート「天山茶城」 »