« パンダハイ! | トップページ | 中国の料理教室(青雪菜魚丁) »

パジャママン

上海での注目ファッション。今日、ついに画像にとらえましたよっ!

以前のブログでも書いたことがある「パジャマでおでかけ」。近所で思いがけず遭遇し、急いで携帯のカメラで失礼させていただきました。

_edited先週末からぐっと冷え込んでいた関係で、今日はキルティングの上下ですね。赤をベースカラーに、動物キャラクターをちりばめたような柄。これは、すごくポピュラーなタイプです。でも、本人はパジャマのつもりで着ているのではないのは確か(だと思います) 。

|

« パンダハイ! | トップページ | 中国の料理教室(青雪菜魚丁) »

「上海の不思議」カテゴリの記事

コメント

ささくれ公主さん
いらっしゃいませ!コメントありがとございます。
以前上海にいらしたのですか!今と違って昔が色濃く残っていたのだろうと想像しています・・・。
最近でも小さい椅子に座ったおばちゃんは存在していますよ。
なんかノンビリってかんじで見ててなごみますね。へんなプリントももちろん健在!やよさんって誰でしょうね?笑

投稿: テンプルアイランド | 2006年3月16日 (木) 18時09分

はじめまして。
 いまから20年も昔、上海に居た事があります。
当時は・・・(夏ですが)パジャマのズボン(主に縦縞模様、ベージュ系)のまま、家の前で洗濯をするおばちゃまたちを見かけました。もちろん、その姿でお買い物にも出かけます。
 おじちゃまたちも負けずに夏は家の前に籐のいすを出してリゾート地の浜辺よろしく寝ていましたねえ。おばあちゃんたちは、日本でおこちゃまが座るような小さないすにちょこんと座ってました。
 あの当時もよくわからないプリントの入った服を売ってましたけど、中でも大ヒットは「わたしのやよさん」ですね。子ども向けのスポーツバッグには「勝利です」ってかいてありましたよ。たぶん「VICTORY」を訳してくれたのかもしれませんね。上海は昔も今も不思議ワールドなのですね。

投稿: ささくれ公主 | 2006年3月15日 (水) 23時22分

めめさんコメントありがとうございます。これって、上海だけなのですか?!知らなかった~。意外です。

投稿: テンプルアイランド | 2006年3月15日 (水) 08時04分

うちの義母は中国の東北地方出身の中国人ですが、パジャママンは他の地方では見られず、たぶん上海限定だと言っていました。
私も先日子供の散髪に行ったローカル美容院で、パンプスを履きハンドバッグを持ったパジャママンに遭遇しました。きっとよそいきのパジャマだったんでしょうね・・・もちろんその姿でカットしてました。

投稿: めめ | 2006年3月14日 (火) 22時38分

広域姉さん
そやねん、春夏コレクションもあるんよ。
しかし、郷に入っては・・・と言うが、私もできるだけ馴染みたいけど、そのためにいろんなものを捨てなくてはいけない気がします。笑

投稿: テンプルアイランド | 2006年3月14日 (火) 20時37分

うぉぉっ。
確かにこれは、パジャマ!
「郷に入っては郷に従え」っつう諺もあるので、テンプルちゃんも是非チャレンジをっ!

夏バージョンもみたいので、引き続き調査をよろしく!

投稿: 広域姉 | 2006年3月14日 (火) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62523/1024403

この記事へのトラックバック一覧です: パジャママン:

« パンダハイ! | トップページ | 中国の料理教室(青雪菜魚丁) »